中古車を高く売るコツ 裏事情

中古車を高く売るコツ 裏事情編

こんにちは。元査定士まえすです。

 

今回は表事情ではなくて裏事情!
誰もが知りたいこんなことやあんなこと。あると思います。

 

今回は
「中古車を高く売るコツ 表事情」
はもちろん大切なんだけれど、正直自分的には、「だいたい分かっている」ことが「大事なんだ」ということしか伝えられなかったような気がしますし、ちょっと不完全燃焼です。

 

そこで今回は「中古車を高く売るコツ裏事情編」と題しまして、元査定士だからのあれこれを書いていきたいと思います。

 

ここで言うのは、「騙されない」方法です。
私自身はかなり丁寧にやってきましたし、嘘は見抜かれると思って真摯にやってきましたが、罠にはまらないためのあれこれをお伝えできればと思います。

 

中古車を高く売るコツ その1 相場を信じない

営業マンがよく話すのは、「この車の相場は○○万円です」的な発言です。本当にそうでしょうか?たぶん多くの場合はNOです。

 

それは初めに安い金額を見せておくと、後から値上げがしやすいからですね。

 

これのタチの悪い所はどこかと言うと、
「それっぽい金額」
「うーん、納得?な金額」
が出てくるんですね。

 

ついつい「そうですか」「なるほどなるほど」というような、営業マンからすると「お客さんが納得する相場」みたいのが経験と長年の勘であるんです。

 

ですので、妙に納得しないことが重要です!

 

※ポイントは、一括査定サイトで、概算価格を知っておくことが大事です。この概算価格は高め高めに出ますが、かなり信憑性もあります。また、一括査定サイトを経由するだけで営業マン的にはライバルの存在がありますのでやりにくさがあります。

 

中古車を高く売るコツ その1:相場は疑ってかかる

 

中古車を高く売るコツその2 他店も同じです・・・ほんと?

これもやっかいです。
何がやっかいかって「他店も同じですよ?」に対しては「そんなんやってみなきゃ分からない!」が正解ですし、実際そうやって競合させていくとが何より重要なのですが、やっかいなのは

 

「それっぽい値段になること」です。

 

どういうことかといいますと、業者的には「安く買える」これほどいいことはありませんね。

 

で、やっかいなのは
A社が20万円だった
→B社は21万円だった
→C社は22万円だった
というパターン。

 

そして、本来は30万円が相場だったというパターン。

 

これがやっかいです。

 

それぞれの会社がしのぎを削るわけではなくて、それ相応の安い金額でどこの会社も安く買い取ろうとした場合こういう現象が起こります。

 

もっとやっかいなのは、この数字が適切かどうかは、
「知識があれば分かる」
けど、
「普通じゃ分からない」
ということです。

 

ですので私、まえすがいつも言うのは、「疑ってかかってね〜」です。

 

あとはきちんと査定してもらうために、相場を知ることです。
きちんと概算価格はおさえておきましょう。→車種・年式から算出された実際に買い取られた平均値が分かります。

 

要するに言いたいことは中古車はかなり価値があるということです。あなたが思っているよりも価値があります。

 

中古車を高く売るコツその2:それっぽい値段は本当か分からない。けど中古車には価値があることを知っておく

 

中古車を売るコツ その3:下取りと比較しない

 

下取りと比較しないというか、
「下取りに惑わされない」と言った方が賢明ですね。

 

例えば下取りで5万円と言われたとしても、
その9割以上が絶対買取のほうが高いです。

 

そもそも買取業者がつぶれないのは、ディーラーのおかげかもしれないという罠があります。

 

それくらいディーラーは安く買いたたきます。

 

7年落ちの車にはディーラーは査定額0を付けてきます。

 

そうするとどうでしょう。

 

買取店は、本来市場価値では100万円以上ある車も、
「たった7年落ち」で「ディーラー査定0」だったということもあって
「15万円です」と言ったら驚いてくれるわけです。。。

 

それくらいディーラーの下取りと、買取業者の買取では金額の幅が違います。
→完全に販路の違いが大きすぎるのです。

 

中古車を売るコツ その3:ディーラの下取り金額は買取業者には話さないこと。でも買取査定の数字は高く出るため、下取りの交渉には有効です。

 

 

【以下追記していきます】

 

一括査定って査定士的にはどんな存在?本音で語ります。

このページでは、一括査定について
・概算価格を知ることができる
・相場を知ることができる
というようなことを書いてきました。

 

この一括査定についても、裏事情を書いていきます。

 

はっきり言うと、「一括査定が一番高額で売れる」というのは誤りです。それは、一括査定サイトにはそれなりに広告費が入っているため、事実上、その広告費が買取金額から差し引かれているようなイメージです。

 

ですので、その広告費を抜けば、もっと高額査定になることは事実です。

 

しかし、実際今まで査定してきた中で、これに気付いている人のほうが実は安く売ってくれたというのも事実です。

 

 

一括査定サイトを「経由する」ことで、自動的に競合が生まれ、それなりにいい金額が出る。
→この「それなりにいい金額が出る」というのが一括査定の一番のメリットです。

 

一括査定サイトは広告費が入っているから、使わずに高額査定を出そう!
そんな場合は、ほぼ10割の確率で一括査定経由の方より安く買い取れます。
正直、業者からすると「わほーい↑↑(アゲアゲ)」です。。。

 

 

誰がやっても、同じように、ただ経由するだけで、一番高いとは言えないけどそれなりに高い適正な金額になる
だからこそおすすめしています。

 

実際に足を運んでもらうと分かりますが、足を運ぶことこそ査定額アップは大変です。安く買いたたく罠がたくさん仕掛けてあるのですから。(1を言ったら2で返されます。。。)

 

 

ですので、結局足を運んでの交渉は、余計に時間がかかったり、実は安い金額で愛車が買い取られてしまったりするわけです。

 

一括査定はあなたがそうであるように
ただただ「高額買取」が目的ではないはずです。

 

その査定の数字をネタに下取り交渉、新車値引きの交渉をしたり、
決断に間違いがなかったか、自分自身が後悔しないために行ったり、
やはり一番は適正な価格を知るためにあるものです。

 

 

一括査定がおすすめな理由は
1:最高に高額ではないけれど、「適正な」愛車価格を知ることができ
2:それを次の車の値引きなどの交渉に使ってみたりして
3:何より一番は後々後悔しないために
行うと私まえすは思ってます。

 

もちろん裏では
1:実は無駄に安く買い叩かれていたというのを防ぐために
2:安く買い取る罠にひっかからないように
3:もちろんうまくいけば高額査定が手に入るように
という狙いもあります。

 

話があれこれとびましたが、一括査定は確かに叩かれてはいますが、査定士の間では「結局一括査定が一番楽で、効率的だよね」となるのが通例です。

 

 

愛車を高く売るなら

実際に私まっすーの愛車のオデッセイを一括査定に出したところ、40万円の査定額の差が生まれました。査定最低額はA社35万円、最高額はジーアフターの70万円でした。査定価格の差は35万円になりました。

 

交渉・商談が苦手でも、高額な査定結果を出すことができます。

↓

>>かんたん車査定ガイド<<